職場悩み.com

職場、コミュ症、悩み、発達障害等、色んなことに対する情報を発信していきます。

お金の話⑪ 教育費を貯めるため、ちょっとお得な話

お金の話⑪ 教育費を貯めるため、ちょっとお得な話

 

                     f:id:buroguhajimemasu:20190815181749p:plain

 

こんにちは。

今日も家計に関するちょっとお得なお話です。

 

教育費を貯めるために

 

「責任の山」というものを考える。

これは、家族全員の生命保険をチェックすることです。特に家計を支えている人(例えばご主人)の保証は、きちんと必要保証額を満たしているかどうか。

必要保証額を計算すると、ほとんどが右肩下がりのグラフになります。

この山の形を「責任の山」といいます。

三つの保険を組み合わせて、「責任の山」の形にあわせると、無駄がありません。

 

①掛け捨てタイプ(例:定期保険)ある一定期間のみ保障の掛け捨て(保険料が安い)

②貯蓄タイプ(例:学資保険・養老保険・主審保険など)ある一定期間のみ保障の貯蓄型(保険料が高い)

③一生涯タイプ(例:終身保険)一生涯の保証

 

こういうことです。

f:id:buroguhajimemasu:20190825195633p:plain

f:id:buroguhajimemasu:20190825195706p:plain

 

保険料をとにかく安く抑えるのであれば、①掛け捨てタイプの配分を多くとるのです。(掛け捨ては保険料が安いため。)

 

これで無駄なく貯められるんです。

 

このわかりにくい図で意味が分かりましたでしょうか?

このグラフを作るのに30分以上かかってしまい、(信じられませんよね…)力尽きたので、今日はここまで。

 

また明日も同じようなお話をします~。